トップページ > 灯台自体が光になる

精神世界の究極の悟り 神のメッセージNo.51〜60

灯台自体が光になる

自分のことしか考えない人はエゴになり、そして人に非難され、人とぶつかる。

自分を犠牲にして「人のため」と言っている人は、実は本心でないことが多い。

隣の国の戦争よりも、自分の顔にできたニキビの方が気になるものだ。

「人の為」というのは「偽り」になるのである。

自分のためにやるとエゴになり、人のためにやると偽りになる。

ではどうしたらいいのか。

灯台は遠くを照らすが、足元は真っ暗である。

だからと言って、足元を照らしたら、遠くの船を照らすことはできなくなる。

しかし、灯台自体が光になれば、その光は、足元も遠くも照らすことができる。

自分自身が光そのものになれば、まず自分が喜びでいっぱいになり、自分の近くにいる人から順番に明かりを照らすことができ、一切の矛盾がなくなるのである。

 

精神世界を探求しているけれど現実が思うようにいかないという方へ
ページトップへ戻る

無料CDプレゼント 真我の覚醒 34,947名のうち約87.1%の方から感動の声が寄せられたCDです! ぜひ、あなたも聴いてみませんか? お申し込みはこちら


佐藤康行 ユニバーサル・メンバーズ


メインメニュー