トップページ > 左脳と右脳に指令を送る真我

精神世界の究極の悟り 神のメッセージNo.41〜50

左脳と右脳に指令を送る真我

左脳は、主に論理や数値、記憶を司る脳であり、右脳は、主に感覚、情緒、直観などを司る脳である。

現代人は、知識詰め込み型の教育を受けてきたため、左脳ばかりを働かせ過ぎる傾向がある。

それに比べて、右脳を働かせることが少ない。

社会問題は、左脳か右脳が一人歩きをした結果起こるものである。

左脳が一人歩きして社会問題を起こす事例は、教育者や医者、官僚などに多い。

右脳が一人歩きして社会問題を起こす事例は、宗教家などに多い。

左脳も右脳も、真我を基盤に働かせなければ、誤まりを犯してしまうことになる。

真我からの指令を受けた上で、左脳や右脳を働かせなけばならないのだ。

真我があってこその、左脳右脳であることを忘れてはならないのだ。

 

精神世界を探求しているけれど現実が思うようにいかないという方へ
ページトップへ戻る

無料CDプレゼント 真我の覚醒 34,947名のうち約87.1%の方から感動の声が寄せられたCDです! ぜひ、あなたも聴いてみませんか? お申し込みはこちら


佐藤康行 ユニバーサル・メンバーズ


メインメニュー