トップページ > 地震が来た時、本物とニセモノがわかる

精神世界の究極の悟り 神のメッセージNo.31〜40

地震が来た時、本物とニセモノがわかる

これからは本物の時代が訪れてくる。

大地震に見舞われた時、壊れる家と残る家がある。

その時に初めて、建設業者が、手抜きをしないで建築したかどうかがわかる。

今、ビジネスだけでなく、医療や教育などあらゆる分野に地殻変動が起きている。

こういう厳しい時代には、本物しか残っていけない。

まさに今、本物とニセモノが区別される時期なのだ。

本物とは、自らが成長し、人に喜んでもらうことによって、適切な代価を受け取る人や会社のことである。

バブルの崩壊は、自らが成長することも、人に喜んでもらうこともせず、ただお金だけを追いかけ、株や土地への投機に走った結果なのである。

現在のような、先行きの見えない厳しい時代こそ、本物の時代なのである。

 

精神世界を探求しているけれど現実が思うようにいかないという方へ
ページトップへ戻る

無料CDプレゼント 真我の覚醒 34,947名のうち約87.1%の方から感動の声が寄せられたCDです! ぜひ、あなたも聴いてみませんか? お申し込みはこちら


佐藤康行 ユニバーサル・メンバーズ


メインメニュー