トップページ > 人はみな天才である

精神世界の究極の悟り 神のメッセージNo.21〜30

人はみな天才である

人は、美しさの基準を自ら決めてしまうところがある。

例えば、盆栽は、人が思う美しさにした人工的な美であって、本来の自然の美ではない。

しかし、山から木々を見た時、それを自然の美として受け止めることはできる。

自然には天が与えた美があるのだ。

同様に、人にも天から与えられた才能がある。

だから人はみな天才なのだ。

しかし、人は天才と凡才を作ってしまう。

それは、自分の思う美に当てはめようとするからである。

天が与えた自然の美を美しいと受け止める心になれば、どんな成長の仕方をしようとも、総て天才として受け止めることができるのだ。

精神世界を探求しているけれど現実が思うようにいかないという方へ
ページトップへ戻る

無料CDプレゼント 真我の覚醒 34,947名のうち約87.1%の方から感動の声が寄せられたCDです! ぜひ、あなたも聴いてみませんか? お申し込みはこちら


佐藤康行 ユニバーサル・メンバーズ


メインメニュー