トップページ > 個体意識と全体意識

精神世界の究極の悟り 神のメッセージNo.11〜20

個体意識と全体意識

考え方、主義・主張、思想や哲学、宗教というのは、それぞれが千差万別である。

この考え方が正しい、自分が正しいといった概念から、争いは起こる。

世の中の戦争のほとんどは、自分たちが正しいという概念から起こっている。

このように自他を分ける意識を、個体意識と言う。

個体意識は、エゴであり、不調和の心である。

個体意識は、自分の顕在意識や潜在意識の思い込みなのである。

事実と思い込みは違うのである。

個体意識を総て取り外した時、全体意識になるのである。

全体意識とは神の愛である。

宇宙全体は一つと目覚めれば、みんなが一つであることに目覚めることができる。

個体意識が消え、全体意識になった時、大調和の心になれるのである。

精神世界を探求しているけれど現実が思うようにいかないという方へ
ページトップへ戻る

無料CDプレゼント 真我の覚醒 34,947名のうち約87.1%の方から感動の声が寄せられたCDです! ぜひ、あなたも聴いてみませんか? お申し込みはこちら


佐藤康行 ユニバーサル・メンバーズ


メインメニュー