トップページ > 業というフィルター

精神世界の究極の悟り 神のメッセージNo.11〜20

業というフィルター

人は、他人の悪い噂を聞いて、その人のことを悪い人だと思ってしまう。

人は、噂話や評判をフィルターにして、人を判断してしまう。

かけるフィルターによって、ものの見方が変わるのだ。

もし、フィルターが明るく輝いたものになれば、ものごとを明るく捉えることができ、人生は明るくなるのだ。

ほとんどの場合、自らの先入観や観念、そして業というフィルターが邪魔をして、ものごとを歪んで写し出しているのだ。

それが、人生を狂わせているのである。

フィルターを磨いて透明にすることだ。

透明なフィルターは、愛のフィルターだ。

愛のフィルターを通して、価値判断を下すことが大切なのである。

精神世界を探求しているけれど現実が思うようにいかないという方へ
ページトップへ戻る

無料CDプレゼント 真我の覚醒 34,947名のうち約87.1%の方から感動の声が寄せられたCDです! ぜひ、あなたも聴いてみませんか? お申し込みはこちら


佐藤康行 ユニバーサル・メンバーズ


メインメニュー